医院ブログ

2014.09.09更新

三ノ宮にお住まいのみなさま、日本人の失明原因の第1位が緑内障であることをご存知でしょうか。

緑内障とは視神経繊維が徐々に減っていくことで視野障害が起きる病気のことで、眼圧が高いと緑内障になるリスクが高くなり、最近の統計では、40歳以上の20人に1人は患っているといわれています。
初期の段階では自覚症状はなく、かなり進行した状態になると視野が狭くなる、部分的に欠けて見える、などの症状が現れます。


視神経は、再生不可能な中枢神経なので、高い眼圧で一度ダメージを受けると完治させることはできません。
そのため緑内障の治療は、眼圧を下げることで視野障害の進行を遅らせることになります。
ですから早期発見がとても重要です。

緑内障の初期には自覚症状がないため、早期発見には眼科での検診が有効です。
まだ若いから、などと安心せず定期的に検診を受けて、大切な視力を守りましょう。

投稿者: 曽谷眼科

医院ブログ

078-391-2179