医院ブログ

2016.08.12更新

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 曽谷眼科

2016.03.08更新

 花粉の飛散が本格的になりました。当院でも花粉症の方の来院が増えて来ています。
 アレルギー性結膜炎の点眼薬には大別して2種類のお薬があります。アレルギーの反応を押さえていくお薬と、痒みを起こすのを止める抗ヒスタミン剤というお薬です。
 アレルギーを押さえるお薬が7種類、抗ヒスタミン剤が1種類、両方の作用を持つものが3種類といろいろとあり、
(ジェネリックを入れるともっと多種類の製品があります)結膜の状態や自覚症状によって、このうちの一つか二つを使用することになります。この他、ステロイド剤の点眼を炎症が強い場合には使用しますが、副作用があるため、できるだけ短期にした方が安心です。 
 人によって自覚的な効き方が違いますので、いろんなお薬を試す必要がある場合もあります。病院に受診してお薬もらったけど効かないという場合でも、同じ病院で先生と相談しながら治療する事をおすすめします。
 また、人工涙液(特に防腐剤の入ってないもの)で、外出から帰った時や、寝る前などに目の中を洗浄する事も有効です。

投稿者: 曽谷眼科

2016.01.23更新

 今年最高の寒波でこの週末は寒い日が続いていますが、来週後半からまた、暖かくなるとの事で、
花粉の飛散が予想されています。今年は飛散量が例年より多いとの事。
 抗アレルギー剤の季節前投与の有効性がいわれています。早めに点眼を始めると、花粉のピーク時のかゆみが軽くなる様です。スギ花粉に反応する方は、痒くなる前に早めに眼科受診しましょう。

投稿者: 曽谷眼科

2015.04.03更新

桜が満開のこのごろ、花粉もスギからヒノキに変わってきつつあるようですが、アレルギー結膜炎の方が、まだまだ多く来院されます。この後もいろいろな植物の花粉が飛んできますので、花粉症の症状のある方はご自身がどの花粉の抗体を持っているかを調べておくといいでしょう。
抗アレルギー点眼の季節前投与をいつ始めればいいのかがわかりますし、いつ頃まで点眼が必要かの目安にもなります。
抗体価の検査には採血が必要ですが、当院でもご希望があれば検査可能ですので、診察時にお話ください。

投稿者: 曽谷眼科

2015.01.30更新

そろそろ花粉症の季節です。今年の花粉は早くでて、飛散量が多いとの予報がでています。
目の花粉症は、アレルギー結膜炎の一般的な症状ですが、充血、目のかゆみ、目やに、涙目など不快なものです。
抗アレルギー剤の点眼や、症状が強い場合には消炎剤を併用するのが有効です。
この、抗アレルギー剤点眼を花粉の飛散前から始めると、飛散時の症状が強く出ないと言う事がわかっています。この方法を、季節前投与といいますが、既に花粉症になっている方は、花粉の飛散時期から2、3週前から点眼を始められる様に、早めに眼科受診する事をお勧めします。

投稿者: 曽谷眼科

2014.10.29更新


結膜炎とはまぶたの裏の眼瞼結膜や白目の部位の球結膜という粘膜が炎症を起こした状態を指します。
目が赤くなったり痒み、異物感を感じたり、めやにが出る場合もあります。
放置しておくと症状が悪化し生活に支障をきたすこともあります。

結膜炎は原因が違うと有効な薬が違いますので、結膜炎の状態を顕微鏡で観察し診断します。
感染性の結膜炎 特にウイルス感染の場合は、自分自身が感染源となりうる可能性がありますのでおかしいなと感じたら早めにご来院下さい。

投稿者: 曽谷眼科

2014.10.27更新

最近ではパソコンやゲームなどで眼を長時間使用し、眼精疲労やドライアイなどのような眼の疾患を発症する方が少なくありません。

目の病は視力の低下を招くものだけでなく、失明の危険性があるものまで様々です。
高齢者だけでなく若い方でも目に不調を感じたら、早めに眼科での診療を受けることをおすすめします。

三ノ宮にある当院では、目を身体の臓器の一つとしてとらえ、眼科全般の疾患に幅広く対応し診療しています。
目に不安や不調がある方はお気軽にご来院ください。

眼の病には、老眼や加齢性白内障などのように加齢が原因で発症するものもあります。当院では目の抗加齢医学(アンチエイジング)にも力を入れており、目のアンチエイジングに興味のある方はご相談ください。 

投稿者: 曽谷眼科

2014.10.21更新

当院では、眼は臓器の一つとして診察し、患者様の眼のトラブルの疑問や不安などあれば、ささいなことから説明し納得していただきたいと思っています。
専門用語でなく、患者様目線での分かりやすい説明を心がけています。

当院は1965年に開業し、数多くの患者様の眼の健康をサポートしてきました。
お子様から高齢者まで幅広い年齢の眼の疾患に対応しています。
当院で対応できない場合も他の病院への紹介もきちんと行っています。

三ノ宮駅から徒歩1分と通いやすい立地にあります。
通勤や通学などの途中にも通院しやすいです。
眼の疾患は早期発見と治療が大切ですので、異常を感じられたら、早めにご来院してください。
往診もしていますので寝たきりの方もご相談ください。

投稿者: 曽谷眼科

2014.10.16更新

近年、パソコンやスマホの普及で生活が便利になった反面、目への負担が大きくなっております。
慢性的な眼精疲労の原因はいろいろと考えられますが、やはり長時間のパソコン使用、読書、携帯ゲーム等の影響が大きく、それがそのまま睡眠不足、倦怠感に繋がっていることが問題視されています。

これらを放っておくと、普段の生活を送ることが困難になり、治療も長引く恐れがあります。
症状が出ましたら早めに眼科を受診することをお勧めします。

三ノ宮にあります当院では、患者様と症状について丁寧に話し合い、治療方針を決めております。
軽度の疲労であれば、点眼を処方して様子を見ることから始めております。
その他、視力低下、ものもらい、結膜炎等でお悩みの方はぜひご来院ください。

投稿者: 曽谷眼科

2014.10.06更新

「目は口ほどにものを言う」という諺があります。
目は感情を表すという意味ですが、実は目は心の状態だけでなく、体についても語ってくれます。
体のなかで外から直接、血管を観察できるのは眼底だけなのです。
眼底検査で体の状態を知ることもでき、生活習慣病や血液の病気、脳腫瘍等が発見されることもあります。

最近目がかすんできた、視力が落ちた、目が疲れる等の症状が出たら「年だから」「パソコンの使い過ぎかな」と自己診断せず、ぜひ眼科を受診なさってみてください。
白内障や緑内障等の目の怖い病気が潜んでいたり、糖尿病等、目とは別の病気が原因になっていることもあります。

三ノ宮駅徒歩1分の当院では幅広い眼疾患に対応しています。
当院で対応が出来ない場合には、病院への紹介も行っています。
目の言葉に耳を傾けに来ませんか。

投稿者: 曽谷眼科

前へ

医院ブログ

078-391-2179