白内障・緑内障

白内障

白内障とは

白内障とは、カメラでいうところのレンズの役割を果たす「水晶体」が濁ることで、視力の低下などが起こる病気です。水晶体の核部が茶色く硬く変質していくタイプや、様々な要因で水晶体の代謝機能に異常をきたし、水晶体構成タンパク質の配列が乱れることで水晶体皮質に混濁をきたすタイプなどがあります。白内障の原因は様々で、加齢、アミノ酸やビタミン欠乏などの栄養障害、糖尿病、紫外線やX線、赤外線、外傷などによる物理的障害、遺伝、環境因子(風疹症候群、子宮内感染)、ブドウ膜炎や網膜剥離にともなうものなどがあります。このうち、最も多いのが加齢による白内障であるとされています。

水晶体とは

水晶体とは目の奥に位置し、カメラでいうところのレンズに相当する部分です。英語では「Lens(レンズ)」といいます。虹彩(茶目の部分)の後方にある、リング状の毛様筋という筋肉から細い繊維(チン氏帯)で吊るされた状態にあります。水晶体は水晶体嚢という透明な薄い膜に包まれており、66%の水と33%のタンパク質、その他のイオン群で構成されています。水晶体嚢の前の部分(前嚢)のすぐ内面に水晶体上皮細胞が並び、水晶体の中央には水晶体核と呼ばれる部分があり、その間に水晶体繊維細胞が層状に詰まっています。通常の体の組織では、タンパク質は脱落や食作用により常に新しいタンパク質に置き換わっていきますが、水晶体組織では古いタンパク質は水晶体核部に押し込められていき、一生にわたり成長し続けます。

目のピント調節

ものを見る時、目は水晶体の厚さを調節してピントを合わせます。この調節を行っているのが、毛様筋という筋肉です。近くを見ようとする時には、毛様筋が収縮して水晶体周囲のリングが小さくなり、チン氏帯の引っ張りが弱くなって水晶体が厚くなり近方に焦点を合わせることができるようになります。反対に、遠方を見る時には毛様筋が弛緩し、水晶体が薄くなって焦点を合わせることができるようになります。

白内障の初期症状

明るいところでも文字がかすんで見える
薄い文字が見えづらい
細かい文字が、老眼鏡をかけてもよく見えない
全体的にものが見えづらい(視力の低下)
太陽や照明などをまぶしく感じる
ものが二重に見える

症状が進行すると…

水晶体の濁りが強くなり、網膜まで達する光が減少し、視力が大幅に低下します。「ものがかすんで見える」「ものが二重に見える」「太陽や照明などをまぶしく感じる」「視力の低下」などの初期症状をお感じになった時には、すぐに当院で検査を受けられるようにしてください。

白内障の治療

白内障の治療では、症状の進行抑制を目的に点眼薬、内服薬、漢方薬などが処方されますが、いずれも症状を完全に抑えることは難しいため、視力障害が強くなり、日常生活に支障をきたすようになった時には、手術が必要となる場合があります。手術を希望される患者様につきましては、相談の上、適切な医療機関を紹介させて頂きます。

白内障の手術

白内障の手術の目的は濁った水晶体を除去することですが、水晶体がなくなると通常は強い遠視になりますので、何らかの方法での視力矯正が必要となります。最近では手術と同時に人工レンズの挿入を行い、術後の視力矯正をはかる方法が一般的となっています(人工レンズの挿入が不可能な場合には、コンタクトレンズか眼鏡による矯正となります)。

白内障手術の流れ
  • 水晶体嚢の中にある白内障の皮質や核を除去するために、角膜を周辺から切開し、針を使って水晶体嚢の前面を円形に切除します。
  • 白内障本体の除去を行うため、3mm程度の太さの器具を目の中に挿入し、濁った水晶体を超音波で潰しつつ吸引していきます。これを「超音波水晶体乳化吸引術」といいます。症状が進行した白内障の場合には、水晶体嚢を残して中身をそのまま摘出する「水晶体嚢外摘出術」が行われる場合もあります。
  • 水晶体を摘出した後は、眼内レンズを挿入します。眼内レンズはPMMAという高分子化合物でできているものや、アクリルやシリコンなどの材質でできたものなどがあります。また、最近では乱視用レンズや保険適用外の多焦点眼内レンズなどもあります。傷口の大きさは術式や眼内レンズの種類によって異なりますが、術後の見え方についてはレンズによる差はありません。患者様の目の状態によっても異なりますが、手術時間は「超音波水晶体乳化吸引術」で10~20分程度、「水晶体嚢外摘出術」で30分程度が一般的です。
手術後の経過

白内障の手術後、多くの場合、水晶体細胞の増殖により水晶体嚢に濁りが出てきて、白内障が再発したような状態となります。この時にはレーザーによる治療が必要となる場合があります。

白内障の外来手術と入院手術

外来により手術を行うか、入院により手術を行うかは、白内障の状態、全身的な病気の有無、患者様の環境的条件などを考慮して選択することになります。最近では外来による日帰り手術が一般的となっていますが、担当医と相談して適切な方法を選ぶようにしてください。

緑内障

緑内障とは

緑内障とは、網膜に映る光刺激を脳に伝えるための視神経が徐々に死滅していく病気です。視神経が死滅するとそれと接続する網膜の感度が落ち、視野範囲が狭くなる「視野障害」が現れる場合があります。視神経は中枢神経に分類され、末梢神経のように再生することは不可能ですので、早期発見・早期治療が重要となります。

緑内障の初期症状

初期の緑内障では自覚症状はありません

症状が進行すると…

症状が進行すると視野の欠損が自覚できるようになり、さらに放置すると日常生活に支障をきたすほどになります。緑内障は日本における失明原因の第1位とされており、40歳以上では20人に1人が罹患していると言われています。自覚症状に乏しく、特に片目だけの場合は視野欠損に気づきにくいので、定期的に眼科で検査を受けて早期発見・早期治療をはかるようにしてください。

緑内障の診断

眼底検査、視野検査、視神経乳頭のOCT(光干渉断層計)による3次元画像解析などによって、診断を行います。

眼圧とは

眼圧とは、眼球の内圧のことです。眼圧は「mmHg」という単位で表記され、日本人の平均眼圧は14~15mmHg程度とされています。眼圧は目の中を常に循環する水(房水)によって、ほぼ一定にコントロールされていますが、これが上昇すると視神経が障害されやすくなり、緑内障になるリスクが高くなるとされています。このように緑内障の進行には眼圧が大きく影響していることから、治療では眼圧の値を安全な範囲内にコントロールしていくことが重要となります。

眼圧が正常値でも注意が必要です

日本人の平均眼圧は14~15mmHg程度であり、個人によるばらつきを考慮すると正常な眼圧は10~20mmHg程度であるとされています。しかし、検査で正常な眼圧であると診断されたからといって、緑内障のリスクがないわけではありません。眼圧が正常範囲であっても、緑内障にかかっている「正常眼圧緑内障」の患者様は大勢おり、特に日本人に多いとされています。なので、正常な眼圧だからといって安心せずに、早期発見・早期治療のためにも定期的に眼科で検査を受けるようにしてください。

急性緑内障発作

角膜と虹彩の間を隅角といい、この隅角が狭い方がいらっしゃいます。こうした方は、下向きの姿勢を長く続けたり、風邪薬などを内服したりすることによって急激な眼圧上昇をきたす場合があります。これを「急性緑内障発作」といいます。急性緑内障発作では、白目の充血をともなう強い眼痛、頭痛、ものがかすんで見えるなどの症状が現れ、そのまま放置すると短期間に視神経障害を起こし失明に至るケースもありますので、早期に眼科を受診するようにしてください。

医院ブログ

078-391-2179