医院紹介

院長紹介

院長 曽谷 治之(そたに はるゆき)

略歴

1980年 岩手医科大学医学部卒業後、岩手医科大学麻酔学教室、岩手県立中央病院麻酔科にて麻酔科医として勤務。
1987年 眼科に転向し、兵庫医科大学眼科学教室を経て、甲南病院眼科(神戸市東灘区)で勤務。
2001年9月 曽谷眼科に勤務。
2003年4月 管理者交代で院長となり現在に至る。

所属学会・認定医など

日本眼科学会認定眼科専門医
麻酔科標榜医
ドライアイ研究会

ご挨拶

麻酔科医師としての7年間の経験、そして眼科に転向後、14年間の病院勤務で蓄積した多数の臨床経験とエビデンスを基礎に、「目は体の窓」という視点を大切にして、目だけなく患者様の全身の健康にも配慮して診療を行うように心がけています。私が長年勤務した甲南病院は、まだ保険診療がなかった時代に創設者・平尾八三郎氏によって設立された病院ですが、その理念は「真に病者のための病院であること」というものです。当院でもこれに倣い、真に患者様の立場に立った医療機関であることをモットーに、日々診療にあたっております。白内障、緑内障、ものもらい、ドライアイなど、幅広い目のお悩みに対応しておりますが、当院では治療が難しいと判断した場合には、患者様と相談の上、信頼できる病院を紹介させて頂いております。当院では様々な地域の病院と連携をはかっておりますので、お住まいや仕事先から通うのに便利な病院を紹介することも可能です。目のことで何かお困りであれば、神戸市中央区三宮のアクセス便利な曽谷眼科までお気軽にご相談ください。

医院概要

診療方針

「目は体の窓」という視点を大切にして、目だけなく患者様の全身の健康にも配慮して診療を行うように心がけています。お子様からご高齢の方まで、「屈折異常(遠視、近視、乱視など)」「眼の疲れ」「ドライアイ」「ものもらい」「白内障」「緑内障」「加齢性黄斑変性などの眼底疾患」といった幅広い目のお悩みに対応し、問題なく日常生活が送れるかどうかに重点をおいて診療します。当院で対応が難しいと判断した場合には、他院への紹介も積極的に行っており、病院の専門性を考慮して最適と思われる医療機関をご紹介させて頂きます。また、来院が難しい方には往診も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

医院名 曽谷眼科
院長 曽谷 治之(そたに はるゆき)
住所 〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1-10-1
神戸交通センタービル6F
TEL 078-391-2179

アクセス

〒650‐0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1-10-1
神戸交通センタービル6F

  • JR神戸線「三ノ宮駅」西口より徒歩1分
  • 阪急神戸線「神戸三宮駅」東口より徒歩1分
  • 阪神本線「三宮駅」西口より徒歩3分
  • ポートライナー「三宮駅」より徒歩3分

JR・阪急電車でお越しの方

  • JR・阪急電車でお越しの方

    1.JR三ノ宮駅西口は改札出て左へ・阪急三宮駅東口は改札を出て右へ向かいます。

  • JR・阪急電車でお越しの方

    2.階段、エスカレーターを下って頂き、正面の信号は渡らず右手にある扉から入って頂き、エレベーターで6階です。

阪神電車でお越しの方

  • 阪神電車でお越しの方

    1.阪神三宮駅西口の改札を出て、右へ向かいます。

  • 阪神電車でお越しの方

    2.SANTICA(さんちか)へ・・・

  • 阪神電車でお越しの方

    3. SANTICA広場の奥から、地上に上がります。

  • 阪神電車でお越しの方

    4.矢印の方向に交通センタービル6F医院に向かうエレベーターホールに直結しています。

ポートライナーでお越しの方

診療時間

診療時間日・祝
10:00~13:00 ×
14:00~17:00 × ×
17:00~19:00 × × ×

※日曜、祝日は休診日です。
◎水曜午後は、曽谷千鶴子医師の担当になります。

医院ブログ

078-391-2179