ドライアイ

ドライアイとは

涙に問題があり、角膜表面に異常をきたし自覚症状が現れる病態を「ドライアイ」といいます。目がコロコロする、チクチクする、クシャクシャする、熱くなる、目が疲れやすくなるなど様々な症状が現れ、最近ではドライアイが原因で視力低下が起こることもわかっています。瞬きが少なくなるような目の使い方(長時間のパソコン・スマートフォンの使用、ゲーム、読書、デスクワークなど)をした後や、乾燥した部屋にいる場合などに症状が現れる、または強くなるという場合には、ドライアイを疑う必要があります。ドライアイの診断は、結膜や角膜表面の状態の観察、涙液層の観察、涙液の分泌能の検査などにより行います。

涙について

通常、涙は目の表面に潤いを与え乾燥を防いだり、感染を防御したり、異物が入ったときに目の表面を洗い流すなど、様々な働きを持っています。涙は目の表面に、「油層」「水層(涙液層)」「ムチン(粘液)層」の3つの層を作っており、一番外側にあるのが油層、真ん中にあるのが水層(涙液層)、内側にあるのがムチン(粘液)層で、この3つの層の構造や成分に異常をきたすことでドライアイは引き起こされると考えられています。

ドライアイになりやすい習慣や生活環境

長時間のパソコン・スマートフォンの使用など、瞬きが少なくなるような目の使い方
乾燥した環境での生活
コンタクトレンズの使用による目の乾燥

ドライアイの初期症状

目が乾く
眼精疲労
コロコロ、チクチク、クシャクシャなどの異物感
目のかすみ、不快感

症状が進行すると…

目の表面が乾燥するため、傷つきやすくなります。また、痛み、充血、目の疲れ、視力低下などが引き起こされる場合があります。

ドライアイの治療

タイプによっても異なりますが、ドライアイの治療は点眼薬による涙液の補給が中心となります。最近では点眼薬の種類も増えており、涙液層の層別診断・治療を行うことができるようになっています。なお、点眼剤だけでは症状が改善しない時などには、涙の出口である涙点を小さなプラグで塞ぐ「涙点プラグ」という治療を行う場合があります。これにより涙の排出が少なくなるので、目の乾きや痛みなどの不快な症状を改善することが可能となります。涙点プラグは保険が適用され、外来での簡単な処理で治療を終えることができます。

医院ブログ

078-391-2179