眼底の病気

眼底とは

眼底とは「眼の底」のことで、検眼鏡や眼底カメラといった特殊な器具でのみ観察することができます。眼球はカメラと同じような構造をしており、絞りにあたる虹彩、レンズにあたる水晶体、フィルムにあたる網膜、カメラの筺体にあたる強膜、網膜と強膜に挟まれた血管網である脈絡膜などで構成されています。検眼鏡で眼球の中を観察すると、網膜の状態、網膜内を走行する血管、網膜と脈絡膜の間の網膜色素上皮と呼ばれる重要な膜、あるいは網膜からの神経線維が集まり、視神経となって目から出ていく場所である視神経乳頭などの状態を知ることができ、様々な目の病気の診断が可能となります。さらにOCT(光干渉断層計)を用いることで、より詳しく目の異常を把握することができるようになります。

飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症とは、黒いものや糸くずのようなものが飛んでいるように見える状態のこといいます。これは、目の中の硝子体という組織の濁りを見ている状態で、生理的に起こっている場合もあります。ただし、中には網膜剥離やブドウ膜炎などの重篤な病気が原因となって現れる場合もありますので、注意が必要です。

硝子体とは

眼の奥の水晶体のさらに奥にある、卵の白身のような透明な組織です。硝子体の99%は水分ですが、コラーゲン繊維が網目状に分布されており、その間にヒアルロン酸分子が存在しています。

飛蚊症の初期症状

白い糸くずのようなもの、黒いゴミのようなものが視界に現れる
青空やパソコンの画面を見た時に、上記のような症状が現れる

生理的飛蚊症

生理的飛蚊症とは

硝子体は、近視や加齢などによってコラーゲン繊維の枠組みが崩れたり、ヒアルロン酸の分解などによって液化融解といわれる状態になったりすることがあります。この際、硝子体が透明な状態から変化し、明るい青空を見た時などに、コラーゲン繊維が目の中で動いているのが自覚できるようになります。これを生理的飛蚊症といいます。多くの成人は日常的に見ているとされています。

症状が進行すると…

基本的に害はないので、放っておいても問題はありません。ただし、網膜剥離やブドウ膜炎など、重篤な病気の可能性もありますので、眼科を受診して飛蚊症の種類を特定するようにしてください。

後部硝子体剥離

後部硝子体剥離とは

硝子体の液化融解が進行すると、硝子体自体が収縮し、硝子体基底部といわれる眼球の前方では内壁に強固に付着しますが、後方の網膜からは徐々に剥がれていきます。これを後部硝子体剥離といいます。後部硝子体剥離は30代以降から起こるようになり、特に高齢者は高い確率で発症します。

通常、特に問題なく硝子体剥離は行われますが、網膜に弱い部分があったり、網膜と強く接着する部分があったりする場合、また、急速に硝子体剥離が起こった場合などには、網膜に裂け目や孔(網膜裂孔、円孔)ができることがあります。その際、飛蚊症状(黒いものや白い糸くずのようなものが飛んでいるように見える)や光視症状(光 が走って見える)などが急に現れたりすることがありますので、こうした症状がある場合には、裂孔形成や網膜剥離がないかなどの眼底の精査が必要となります。

後部硝子体剥離の初期症状

飛蚊症を急に自覚するようになる
視界がカメラのフラッシュのように光る
視界の隅に稲妻のようなものが見える

症状が進行すると…

網膜から硝子体が剥離する時に、網膜裂孔を引き起こすことがあります。

網膜裂孔と網膜剥離

網膜裂孔と網膜剥離とは

後部硝子体剥離が起こり、網膜に裂孔などが形成された場合、液化した硝子体が裂けた網膜の後ろに入り込むなどして、網膜が後ろの組織(網膜色素上皮)から剥がれてきます。これを裂孔原性網膜剥離といいます。

網膜に裂孔形成や円孔形成がある場合、周囲に網膜剥離がともなわない状態であれば、レーザー光線での焼きつけによる治療が可能ですが、網膜剥離に至っていると手術が必要となります。 剥離になった場合の症状としては、視野の一部が白く欠けて見えるなどが挙げられます(「カーテンが下りてくる」などとも表現されます)。剥離した網膜は、手術によって早期に元に戻せば機能回復をはかることも可能ですが、長期間剥離状態にあった場合には、機能を回復することができないこともあります。そのため、黄斑部など視力に影響する部位の網膜が剥がれている時には、できるだけ早急に手術を受ける必要があります。

網膜裂孔と網膜剥離の初期症状

飛蚊症を急に自覚するようになる
光が走って見える
突然視野が欠ける

症状が進行すると…

網膜が裂ける時に血管が切れると、急激な視力低下を招く場合があります。また、網膜剥離まで進行すると視野の一部が欠け、最悪の場合、失明に至るケースもあります。剥離が進行すればするほど手術も難しくなりますので、早期発見・早期治療を心がけるようにしてください。

その他の網膜剥離

目の中の虹彩、毛様体、脈絡膜からなる血管が集中した組織を「ブドウ膜」といいます。このブドウ膜に炎症が起こった状態を、ブドウ膜炎といいます。一部のブドウ膜炎では、網膜下に浸出液が溜まることで、裂孔のない網膜剥離が起こる場合があります(原田病など)。この場合には、抗炎症剤を使用するなど、原病に対する治療が必要となります。
このほか、糖尿病網膜症が進行した時などに、増殖膜(線維性血管膜)が網膜を牽引することで起こる「牽引性網膜剥離」というものもあります。この場合には、硝子体手術と呼ばれる方法で膜を除去する治療が必要となります。

加齢性黄斑変性症

加齢性黄斑変性症とは

黄斑変性症とは、黄斑部と呼ばれる眼底中心部の網膜が障害される病気です。このうち、加齢にともなって起こるものを「加齢性黄斑変性症」といいます。加齢性黄斑変性症はゆっくりと進行する「萎縮型」と、比較的急速に進行する「滲出型」とに分けられ、滲出型では、網膜の下にある網膜色素上皮の上下に新生血管が新生することで病状が引き起こされます。そして滲出型は、さらに「典型的加齢黄斑変」「ポリープ状脈絡膜血管症」「網膜血管腫状増殖」に分類することができます。
当院では、眼底検査で加齢性黄斑変性症が疑われる方には、視野検査、眼底造影検査、OCT(光干渉断層計)による検査を受けて頂きます。その結果、滲出型と診断し積極的な治療が必要と判断した場合には、患者様と相談の上、適切な医療機関を紹介させて頂きます。
加齢性黄斑変性症の予防には、サングラスなどによる紫外線対策、緑黄色野菜の適度な摂取、サプリメント(ルテインを含む)の摂取などが効果的です。加齢性黄斑変性症の予防に関する相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

加齢性黄斑変性症の原因

はっきりとした原因はわかっていませんが、食文化の欧米化、紫外線暴露などが原因ではないかと考えられています。

加齢性黄斑変性症の初期症状

視界の歪み、曲がり
主に中央部の視野の欠損
視力低下

症状が進行すると…

症状が進行すると、中心部の視力が著しく低下し、見ようとする部分が見えないという、社会的な失明状態に陥る場合もあります。

加齢性黄斑変性症の治療

萎縮型の場合は、治療は経過観察となります。滲出型の場合は、硝子体内への血管内皮増殖因子阻害剤(抗VEGF製剤)の注射、レーザー装置による新生血管の光凝固などの治療を行います。当院では眼底検査、視野検査、OCT(光干渉断層計)による検査、眼底造影検査などにより滲出型と診断し、積極的な治療が必要と判断した場合には、患者様と相談の上、適切な医療機関を紹介させて頂きます。

中心性漿液性脈絡網膜症

中心性漿液性脈絡網膜症とは

中心性漿液性脈絡網膜症とは、網膜の黄斑部の下、間隔網膜と網膜色素上皮の間に円形または楕円形の小さな水たまりのようなものができ、その部分が盛り上がって軽度の網膜剥離を起こす病気です。はっきりとした原因はわかっていませんが、網膜色素上皮の一部に弱い部分ができ、そこから血液の水分(漿液)が入り込むことで起こるとされています。ほとんど場合、片目だけに発症します。

加齢性黄斑変性症の初期症状

視界の中心が欠けて見える
ものが歪んで見える
色覚異常
ものが小さく見える

症状が進行すると…

中心性漿液性脈絡網膜症は通常、網膜剥離が改善されると症状も軽快しますが、治癒後しばらく経ってもものが見えにくいなどの症状が続く場合もあります。治癒と再発を繰り返したり、数年後に再発したりするケースもあります。

中心性漿液性脈絡網膜症の治療

中心性漿液性脈絡網膜症は通常、3~6ヶ月以内に網膜剥離が自然に消失し、症状も改善されます。なので、血液循環を良くする循環改善薬などを投与し、経過を観察します。ただし、3~5ヶ月経過しても症状が改善されない場合には、レーザー光凝固などの治療を行うこともあります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症とは、糖尿病の眼合併症の1つです。多くの場合、自覚症状なく発症し、ゆっくりと進行します。当初は網膜出血、細動脈血管瘤、硬性白斑がみられるのみの単純網膜症(良性網膜症)として発症し、進行すると網膜出血の増加、軟性白斑の出現、新生血管、増殖膜の発生などがみられるようになり、硝子体出血や牽引性網膜剥離などが発生し、増殖網膜症、悪性網膜症の状態となって失明に至ります。

糖尿病網膜症の初期症状

多くの場合、進行するまで症状は現れません。

症状が進行すると…

糖尿病網膜症が進行すると、黄斑症、硝子体出血、網膜剥離などを引き起こし、視力低下、視界の歪み、視界が暗くなる、視野の突然の遮断欠損などの症状が現れ、完全に失明してしまう場合があります。

糖尿病網膜症の治療

良性網膜症の場合、適切に血糖値を管理することで進行を抑えることができますが、悪性になると網膜光凝固術や硝子体手術などの治療が必要となる場合があります。 当院では、良性の場合には眼底検査などで経過観察し、悪性の疑いがある場合には蛍光眼底造影を行い、網膜光凝固術を施術します。ただし、硝子体手術などの観血的外科治療が必要な場合には、患者様と相談の上、適切な医療機関を紹介させて頂きます。

黄斑円孔

黄斑円孔とは

黄斑円孔とは、黄斑部と呼ばれる眼底網膜の中心部に穴が開く病気です。黄斑部は網膜の中心部なので、円孔が形成されると視野の中心に暗点ができ、見ようとする部分が見えない状態となり、さらに中心視力が低下します。加齢により硝子体が縮小することで起こるとされています。

黄斑円孔の初期症状

視界が歪む
視力低下

症状が進行すると…

硝子体の収縮が進行すると、視野の中心部だけが暗くなり(中心暗点)、普段の生活に支障をきたすようになります。同時に視力低下も進行します。

黄斑円孔の治療

早期に硝子体手術を受ければ、視力回復をはかることができる場合があります。当院では視力検査、眼底検査によって黄斑円孔が疑われる時には、OCT(光干渉断層計)による検査、場合によっては蛍光眼底造影を行い、外科的手術が適応であれば、患者様と相談の上、適切な医療機関を紹介させて頂きます。

黄斑網膜前膜症

黄斑網膜前膜症とは

黄斑網膜前膜症とは、眼底中心部の黄斑部網膜の前に増殖膜が形成されることで、網膜に皺が寄り、ものが歪んで見える状態のことをいいます。硝子体剥離後の残存硝子体膜によるものや、網膜剥離後に起こるもの、網膜静脈閉塞症などの眼底疾患に続いて起こるものなどがあります。

黄斑網膜前膜症の初期症状

初期には症状は現れません。

症状が進行すると…

症状の進行にともない、目の違和感、視力低下、視界の歪みなどの症状が現れます。片目のみに起こった時には、症状を自覚するまでに時間がかかる場合もあります。突然失明してしまうようなことはありませんが、症状改善のためには基本的に手術が必要となります。

黄斑網膜前膜症の治療

硝子体手術により、網膜の皺をなくし、視界の歪みを軽減します。 当院では眼底検査によってこの病気が疑われる時には、視力検査、視野検査などで経過を観察します。ただし、症状の進行がみられる場合や、患者様が硝子体手術を希望されている場合などには、ご相談の上、適切な医療機関を紹介させて頂きます。

医院ブログ

078-391-2179